So-net無料ブログ作成
家事・掃除 ブログトップ
前の5件 | -

マキタの掃除機がやってきた [家事・掃除]

で、購入したマキタのコードレスクリーナー:CL182FDがやってきました!

本体
CM140221-140129006.jpg
ノズルが本体にくっついているので
必要なときに取りに行く必要がなく便利。

さっそく使ってみた。

◎小回りが利く
 ヘッドが小さいので非常に小回りが利きます。
 その分往復回数は多くなるかもしれませんが。

 階段掃除も付属のヘッドと後述のスキマノズルの併用で楽々。
 モップは必要なかったです。

◎パワー(吸引力)
 心配していた吸引力ですが、
 強モードが必要になるところは我が家にはなく、
 標準モードで十分吸引力がありました。

◎連続稼働時間
 初回はかなり汚い部屋を掃除したので、
 4LDKをすべて掃除できず、
 LDK(17.5畳)+洋室(5.5畳)+和室(4.5畳)+洗面所(3畳)を掃除したところで
 充電が切れました。

 ただ、翌日以降はマキタ1台(1回の充電)で全部屋の掃除が完了!
 (寝室の床はルンバにお任せなので
  3LDK+洗面所+トイレ2か所+階段2か所ってところでしょうか。)

 バッテリー切れになると、赤ランプが点灯し
 吸引力が極端に落ち、その後まもなく動かなくなります。

◎充電
 ほぼスペック通りの22分~25分程度で充電完了。
 継ぎ足し充電も可能ですよ。

 充電時間が早いので
 予備バッテリーは今のところ買わなくていいかな、という感じ。
 (予備バッテリー純正品は1万円と結構高いし)

 バッテリーの取り外しも、バッテリーを充電器に挿すのも簡単。
 充電器を床ではなくもっと高いところにおけば
 腰をかがめることなく充電可能です。

◎ライト
 特に必要とは思っていなかったのですが、
 本体についているライトが意外に便利!
 本体のスイッチONで自動点灯、OFFで自動的に消灯します。

〇ゴミ捨て
 紙パックを選んだわけですが、
 紙パックは容量が少ないし、紙パック代もかかるため、
 私は付属のダストパックに100均で買った台所の水切りネットを
 2枚重ねて使用しています。
 ダストパックの方が紙パックより容量が大きいし、
 水切りネットをひっぱればゴミ捨て完了。

 シャープやエレクトロラックスのサイクロンは
 ひっくり返しただけではゴミが取れずブラシが必要なので
 それに比べれば楽々ですわ。

〇収納
 rps20140221_140438_377.jpg
 我が家の場合は収納の中にパイプラックを立てているので、
 このパイプラックにS字フックをひっかけて
 本体についている紐で吊り下げています。
 バッテリーを外せば重量は大したことないので強度にも問題なし。

 ただ充電器が結構ゴツくてデカイです。
 しかもデザインが工具度100%w
 CM140221-140038003.jpg
 18Vモデルだとマキタの工具もこの充電器で使えるらしいですよ。

△音
 本体:
  強モードは結構うるさい。
  標準モードも静かではないですが、ギリギリ夜でも使えそうです。

 充電器:
  かなりうるさい。
  充電が完了すると結構な大音量でお知らせブザーが鳴ります。
  (音は設定で変更可能)

  充電が完了しても充電器からウィーンという音がしばらく鳴り続け、
  収納の中に入れて扉を閉めていても聞こえるぐらいです。

△×重さ
 最初はいいのですが、
 しばらく使い続けると利き手の二の腕がプルプルしてきます。
 決して軽いとは言えないでしょう。

 ただ私の場合は多少の重さを犠牲にして吸引力を選んだわけだし
 旧モデルのエレクトロラックスの方が重いので
 これは許容範囲内です。

 もっと軽いのがよいという方は
 吸引力は落ちますがマキタのバッテリー小さ目モデルを
 選ぶとよいでしょう。

△ヘッド
 小回りは利くのですが、回転(モーター)ヘッドではないため
 キッチンに敷いてあるマットの掃除は、
 マットが吸い付いてしまい動かすのが少々難しいです。
 (じゅうたんノズル未使用)

 じゅうたんや大きいラグを使用している方は、
 回転式ヘッドがある掃除機を使用した方がいいかもしれません。

 ----- 2014/4/3追記 -----
  100均でこんなものを追加購入しました。
  Image201.png
  ヘッドに取り付けることで
  ヘッドと掃除したいものの間に少し隙間ができるので
  ラグが吸い付くことなく掃除できます。
  ただ絨毯が多いお宅にはやはりこれだと不十分だと思います。
 ----- 2014/4/3追記ここまで -----

 ただヘッドが水洗い可能なのは◎。

△付属品
 マキタの付属品は本体の写真にあったヘッドと
 短めのスキマノズル(ブラシなし)のみ。

 これだと足りないし、純正品はお値段が若干高いので、
 100均で調達した以下のノズル2つを使ってます。
 CM140221-140137008.jpg
 写真奥のスキマノズルの方をマキタ本体につけてメインに使ってます。

 手前のラウンドブラシは
 パイプを外し本体をハンディタイプにして
 テレビの周りや空気清浄器の上、ベッドのヘッドボードの上、
 空気清浄器のフィルター掃除、トイレの蓋の上などの掃除に利用。

 これまでウェーブのハンディモップ片手に掃除してましたが
 ハンディモップ不要になりました。

 フレキシブルホースも必要かな?とは思ったのですが
 純正品は若干長さが足りないようだし、
 以前買った布団圧縮袋についていたアダプター(継ぎ手)を用いることで
 KOMAMEのフレキシブルホースが使えそうなので
 これで代用する予定。

×布団ノズル
 布団ノズルがないのが本当に残念。
 これがあればマキタ1本でメイン機として使えるのに。

 ヘッドのような平べったい形のものは売っているようなのですが
 円柱型の布団ノズルが使いたいんだよなー。
 (シャープのサイクロンについていた布団ノズルを使いたい)

 ソファの上の掃除、これだけが困ってます。
 どっかにアダプター売ってないかなー。

 ----- 2014/4/3追記 -----
  またまた100均でこれを発見。
  Image01.png
  絨毯用ノズルだそうです。
  ソファの上はこれで掃除できるようになりました。
  ただやっぱり100均。布団ノズルの代用にはならないな。
 ----- 2014/4/3追記ここまで -----


<結論>
ホントに買ってよかった!!!!!

掃除嫌いのワタクシが
これが来てから毎日掃除してますが、
掃除が全く苦になりません。

逆に部屋が汚くなる前に掃除した方が楽なので、
どんどんやる気にさせてくれる掃除機です。

エレクトロラックスのように吸引力がなさすぎてイライラすることもないし、
コードがないからコンセントの抜き差しも不要。
快適!快適!

吸引力はフローリングや畳メインのお宅でしたら充分だと思います。
髪の毛や米粒もちゃんと吸い取ってくれますよ。

ただヘッドがローラーではないので、
畳は畳の目に合わせて掃除しないと
畳を痛めてしまうかもしれないので気を付けて。
(じゅうたん用ヘッドがあれば大丈夫なのかも)

モップも必要かもと思い、クイックルワイパーも買ったのですが
ウェットシートで床を拭く以外は出番がなさそうです。

くどいですが、布団ノズルがなー。
これだけが悩み中。
ホームセンター行って継ぎ手パイプを探してみますかね。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コードレス掃除機比較:(3)マキタ [家事・掃除]

次はマキタのコードレス掃除機を調べてみた。

※エレクトロラックスの最新モデルは
 MONOQLOによると「買い」の掃除機らしいですが、
 手持ちの旧モデル:2 in 1サイクロンの吸引力がなさすぎてダメダメだったので
 最初から比較に入れてません。

※下記記載のスペックは私がいろんなサイトから調べて書いたものです。
 また評価(◎△×)はクチコミ等を参考にした私の主観です。
 下記に記載したスペックの数字に違いがあっても責任は負えませんし、
 求めるところが違えば評価も変わると思いますので
 ご参考程度にどうぞ。


マキタ
 マキタはモデルがいろいろあってよくわからなかったので、
 こちらのサイトを参考にさせていただきました。
 http://www.kpt.co.jp/campaign/makita_cleaner.aspx?Ref=1
 こちらのサイト、
 非常にわかりやすく書かれていて大変参考になりました。

ゴミ捨て方法:紙パックかカプセル式か
 私はもともとサイクロンを使っているので
 紙パックにはあまりこだわりはありません。
 紙パックだと手は汚れないけど紙パックの補充が必要だし、
 紙パックが小さいようなのでカプセル式に心が動いたのですが
 カプセル式もフィルタとプレフィルタは消耗品なので
 ここにこだわるのは止めました

スイッチ:トリガーかワンタッチもしくはスライド式か
 ここはワタクシ的には譲れないポイント。
 手が疲れそうなのでトリガーはあり得ない

電池:
 過去の失敗からリチウム以外は考えられませぬ
となると、必然的に選択肢は以下に絞られます。
紙パック式
 CL072D
 CL102D
 CL142FD
 CL182FD

カプセル式
 CL141FD
この中から、連続稼働時間が長く、充電時間が短いものを選ぶと、
紙パック式
 CL142FD
 CL182FD

カプセル式
 CL141FD
となります。

上記3モデルをダイソン・東芝と比較すると、
◎価格
 これならダイソンとトルネオコードレスのおよそ半額です。

×デザイン
 ちゃっちそうですが、
 リビングに出しっぱなしにするわけでもないし、まぁいいか、と。

△吸引力
 ダイソンの100Wを見ちゃっただけに若干の不安あり。
 ただ値段は他と比べると安い方なので、
 もし失敗したら最終手段のダイソンを買えばよいかと。

◎連続稼働時間
 標準モードで40分はありがたい!

◎充電時間
 22分で充電完了とはすばらしい!

◎バッテリーの取り外し
 可能(というか外さないと充電できない)
 予備バッテリーを購入しておけば充電切れの場合でも掃除が続けられる

△充電方法
 立てたまま充電できない。
 でも継ぎ足し充電が可能

◎収納
 S字フックで吊り下げることが可能なので壁に穴開け不要。

◎重量
 上記に記載した重量にはパイプなどを含まないものの、
 それでも軽いほうだと思われます。
なんと言っても
「価格」
「バッテリー取り外し可能」
「充電時間の短さ」
「連続稼働時間」
が決め手となり、マキタが最有力候補に。

で、マキタ3モデルのスペックは以下の通り。
紙パック式
 CL142FD
  吸引力
   強:25w
   標準:9w
  連続使用可能時間
   強:約20分
   標準:約40分
  充電時間
   22分
  重量
   1.4kg
  価格
   約23000円(バッテリー・充電器込み)    
 CL182FD
  吸引力
   強:30w
   標準:11w
  連続使用可能時間
   強:約20分
   標準:約40分
  充電時間
   22分
  重量
   1.5kg
  価格
   約24000円(バッテリー・充電器込み)    
カプセル式
 CL141FD
  吸引力
   強:25w
   標準:9w
  連続使用可能時間
   強:約20分
   標準 約40分
  充電時間
   22分
  重量
   1.3kg
  価格
   約23000円(バッテリー・充電器込み)
重さは100-200gしかかわらない、
充電時間や連続使用可能時間も同じ、
価格もほぼ一緒なので、
吸引力が最も強い、CL182FDを購入することにしました。

 ※マキタには本体だけのモデルと充電器・バッテリーつきモデルがあるので、
  買うときは型名に気を付けましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コードレス掃除機比較:(2)東芝・トルネオ コードレス [家事・掃除]

コードレス掃除機を買うべく、調べてみた。の続き。

※エレクトロラックスの最新モデルは
 MONOQLOによると「買い」の掃除機らしいですが、
 手持ちの旧モデル:2 in 1サイクロンの吸引力がなさすぎてダメダメだったので
 最初から比較に入れてません。

※下記記載のスペックは私がいろんなサイトから調べて書いたものです。
 また評価(◎△×)はクチコミ等を参考にした私の主観です。
 下記に記載したスペックの数字に違いがあっても責任は負えませんし、
 求めるところが違えば評価も変わると思いますので
 ご参考程度にどうぞ。


東芝からも新しくコードレスが発売になってました。
トルネオ コードレス:VC-CL100
◎収納
 真ん中でホースを外して収納できるので非常にコンパクト

◎付属品
 伸縮ホースが本体についている。
 肩から斜め掛けもできるので階段掃除には便利。
 ヘッドと手元部分両方にブラシがついているので
 掃除途中に付属品を探し回らなくてもよいのが便利。

◎ヘッド
 回転ヘッド。
 じゅうたんやラグの掃除には便利そう。

△充電方法
 充電器を取り外さないと充電できない。
 しかもACアダプターが充電台に内蔵されていないらしい。

×連続稼働時間
 標準モード:20分
 強モード:8分

×重量
 2.3kg
 電気屋で実機を触ってきたけど結構重い。

×充電時間
 5時間もかかる…

×バッテリー取り外し
 不可とのこと。
 これで20分しか掃除できないのはイタイ。

×価格
 まだ発売したばかりなので仕方がないけど50000円弱。
 高い。
と、これもいまひとつ購入に踏み切るだけの魅力が足りず…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コードレス掃除機比較:(1)ダイソン DC62 [家事・掃除]

前の記事の続き。

で、コードレス掃除機を買うべく、調べてみた。

※エレクトロラックスの最新モデルは
 MONOQLOによると「買い」の掃除機らしいですが、
 手持ちの旧モデル:2 in 1サイクロンの吸引力がなさすぎてダメダメだったので
 最初から比較に入れてません。

※下記記載のスペックは私がいろんなサイトから調べて書いたものです。
 また評価(◎△×)はクチコミ等を参考にした私の主観です。
 下記に記載したスペックの数字に違いがあっても責任は負えませんし、
 求めるところが違えば評価も変わると思いますので
 ご参考程度にどうぞ。


ダイソン:DC62
◎吸引力!
 最新のDC62は旧モデルと比べて更に吸引力UP。
 通常モード:28AW
 強モード:100AW
 他のコードレスと比べても吸引力はダントツ。
 じゅうたんにはこのぐらい必要かも。

◎回転ヘッド
 ヘッドがローラー式。
 メイン機と変わらない程度に掃除ができそう。

◎充電方法
 本体を立てたまま充電可能

△連続稼働時間
 標準モード:26分
 強モード:6分
 足りるかな?

△充電時間
 3時間

△収納方法
 クチコミによると収納には壁に穴をあけないといけないかも

△重量
 2.03kg とビミョー。

×バッテリーの取り外し
 ドライバーが必要な様子。
 掃除途中でバッテリーが切れたら予備バッテリーと交換したいけど
 ドライバーが必要だとそう簡単には交換できないよね…。

×価格
 値段が高い!
 このブログを書いている今日現在の価格.comの最安値が53000円ぐらい。
 他社のコードレスが2台は買えます。

×スイッチ
 トリガー式。
 ずっと押し続けないといけないので手が疲れそう。

ということで、値段も高いだけあってなかなか購入には踏み切れず…。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

階段掃除:モップか掃除機か [家事・掃除]

前の記事からの続き。

D社以外のモップレンタル会社も調べてみました。

どれも月800-900円。
中にはネットでレンタル申し込みができ、
3か月以内なら好きな時に返却できる(2週間でも3か月でもよい)という
ズボラな私向きの会社もありましたが、
モップレンタル料は800-900円なのに
何故かレンタル最低料金が1500円とビミョー。

クイックルワイパーでも買うか、と思ったのですが
よく考えると結局ワイパーで掃いたゴミは吸い取らなければならないわけで…。

やっぱり掃除機は必要なのですよ。

しかし、既に我が家には掃除機が5台あります[あせあせ(飛び散る汗)]

メイン機
rps20140221_141658_503.jpg

 <シャープのサイクロン>
 ●いちいち出すのが面倒。
 ●階段が長いので途中でコードを外して
  別のコンセントに差し替えなければならない。
 ●階段掃除だとずっと本体を持たなくてはいけないので重い

ルンバとエレクトロラックスの2in1サイクロン
rps20140221_140701_974.jpg

 <ルンバ>
 ●もっぱら寝室用。ベッドの下の掃除に重宝してます。
 ●当然階段の掃除はできないわけで…。

 <エレクトロラックスの2in1サイクロン:コードレス>
 以前のレビューはこちら
 ●ヘッドがデカいので階段の斜めに細くなっている部分には使えない。
 ●ヘッドが横にスライドしない。
 ●細いノズルを出すためには
  ハンディ(サイクロン)部分を取り外さないといけない。
 ●吸引力がなさすぎる
   →リチウムではない上にもう5年も使っているので、
    おそらくバッテリー切れでしょうが、
    ゴミをはじいてしまいまったく吸わない。
    (パワーが弱くなったのはもうずいぶん前だけど)
 ●ただでさえ吸引力がないのに、強モードが動かなくなった。
   →イライラすることこの上ない。

日立のKOMAMEとナショナル(笑)の2wayクリーナー
rps20140221_141618_521.jpg

 <KOMAME>
 ●ダンナが独身の時に持っていたもの。
 ●吸引力があってスバラシイ!!!
 ●ただコードレスじゃないので階段はやはり面倒。
 ●もっぱら布団圧縮に使用してます。

 <ナショナル(笑)のコードレス>
 ●私が独身の時に持っていたもの。
  ずっと使ってないのですっかりこの存在を忘れてましたw
 ●電源コードをつなぐとそれなりのパワーはありますが、充電だと吸引力なし。
 ●重い

と、どれもこれも階段掃除にはいまひとつ。
エレクトロラックスの吸引力のなさに辟易していたので、こいつを廃棄して、
ここはやはりコードレス掃除機を新たにお迎えすることにしました。

続きます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の5件 | - 家事・掃除 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。