So-net無料ブログ作成
検索選択

旅に出たのです ー5日目ー [旅行]

この日は移動日。
9:00にホテルをチェックアウト。
ホテルのベルボーイにタクシーを頼んだら、
Yellow Cabじゃなくてメーターなしの高そうな車。

ベルボーイに、「普通のタクシーと同じ料金だから」って言われて
その車に乗ったけど、ホンマかいな…と疑いのまなざしの我々。
都度スマホで地図を出しながら、遠回りしていないかチェックしていたけど、
結局怪しい行動はなく、ホテルから走ること40分。
すんなり空港ターミナルで降ろしてくれた。

お値段$60。$10ぐらい高い?気もしたけど、
シートふかふかの車に乗せてもらったので、まぁいいか、って感じに。

飛行機は11:45発のUnited。

米国国内線は預け入れ荷物が1つ目から有料。
7泊用のでかいスーツケースは機内には持ち込めないし
$25払うのはシャクだしと思ってたんですが、
スタアラゴールドは1個までは無料なことがわかり一安心。
チェックインもPremier Accessが利用できたのですいすい。
スタアラゴールド、ホントありがたや~。

その後はUnitedのラウンジへ。
お腹すいていたのですが、ちょうど10時で朝食が片づけられてしまうらしく
食べ物はあんまりなかった。
コーヒーだけもらい、あとは空港で買ったサラダを食す。

1つ目から荷物有料ってことは、早く行かないと
おそらく荷物を入れる場所がなくなるだろうなーと思い、
割と早いうちに機内へ入ることに。(Boarding Groupも2で早かった)

ラスベガス行きの飛行機なせいか、機内はテンション高めの方々ばっか。
なんかワクワクしてる感がいろんなところから出てました。

離陸してから気づいたんだけど、機内エンタメは
DIRECTVのオンデマンドシステムのみ。もちろん有料。
地図も出ないんかい!と思ってたら、最近はこうなっているようです↓
Screenshot_2015-10-09-17-32-57.png

わかります?
機内で自分の(スマホなど)端末のWifiをONにすると、
自分の飛行機の今飛んでいる位置が表示されるの。
上のキャプチャだと自分の飛行機の位置が表示されてないけど、
機内では飛行機マークがちゃんと表示されてた。
高度や速度なんかも見えるんですよ。
時代の進歩にすげー!!!! とちょっと感動。



ラスベガス到着。
タクシーでMonte Carloへ移動しチェックイン。

ラスベガスなので部屋に冷蔵庫ないだろうなーと思い
フロントで聞いてみたところ1日$25だそうで。
高いのでやめたのですが、隣のCVSに行ったらこんなのありました。
images.jpg

お値段$10。
これで4日間使えるんだから、こっちの方が断然安上がり。
氷はホテルのフロアにあるので、買う必要ないし。
これは我ながら名案でしたぞ。

ホテルで食事をして、夜にショーでも見ようかと思ったのですが、
特に見たいショーもなく、この日はカジノで遊んで1日終了。

あ、この日のカジノですが。
当然のごとく、負けましたわよ。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅に出たのです ー4日目ー [旅行]

ヒューストン4日目。

カビ臭い部屋ですが、やはりどうにもガマンならず
2泊目の朝、ルームチェンジをお願いすることにしました。
カビ臭いって、Mustyって言うんですね。
ダンナが交渉してくれたんですが、Mustyで一発で通じたそうです。
ひとつ単語覚えました(笑)

まずはホテルから徒歩圏のSam Houston Parkへ。

が、なんと日曜日は閉園で中に入れず…orz

仕方なく向かいの公園を少し散策。
こんな感じの古い家が並んでました。これは1900年に建てられた家。
CM150913-111937001-resized.jpg

市庁舎
CM150913-112154001-resized.jpg

大統領候補で今話題のドナルド・トランプが保有しているTrump Tower。
CM150913-113239002-resized.jpg
Trump Towerってどこにでもあるよね。ChicagoやNYでも行ったことある。
無料の展望台が上にあって、そこに上ると市内が見渡せるそうですが
こちらも日曜は休業。(涙)

ホントはヒューストンのTunnelツアーにも参加してみたかったんですが、
こちらも土日はお休み。

いやぁ、がっつりダウンタウン ゴーストタウン化の洗礼に合ってますな。
知ってはいたんですが、日程的にどうにも土日は避けられなくて…。
ま、仕方ないです。

MetroRailに乗ってMuseum Districtへ移動を決意。
MetroRailってこんなのです。
METRO_Light_Rail3.jpg

ホントは1日券が欲しかったのですが、券売機でSOLD OUTとなっており仕方なく1回券を購入。
特に乗降時に機械に通したりする必要はなく、持っていればOKです。
キップ買わずに乗車して万一検札に会うと罰金あるので注意。


ホロコースト博物館
CM150913-124902001-resized.jpg
ユダヤ人がヒトラーによって迫害されていった様子や、生き延びてヒューストンに移り住んできた人々のその後などを展示してます。
日系人が戦時中アメリカで捕虜になり収容所に入れられていたことに関する展示もありました。


その後ヒューストン美術館(The Museum of Fine Arts)を見学。
ここは世界各国の数千年前から現代までの美術品が展示されていて、
何でもあるって印象でした。
追加料金$5だったので、向かいの美術館でこんなのも見てきました。
CM150913-142022001-resized.jpg

なんか一番大事なところが隠れてなくてワロタwww
CM150913-142251002-resized.jpg

これは着ぐるみ。急に動き出して前を通る人々をビビらせてましたw
CM150913-142917003-resized.jpg


その後はヒューストン自然科学博物館(The Houston Museum of Natural Science)へ。
恐竜の化石とか宝石の原石とかいろいろ。
別料金を払うと蝶の博物館とかも見れますが、常設展示を見るだけでも3時間はかかるので
時間なくてやめました。

その後Hermann Parkへ。
ワシントンD.C.でこんな景色を見たことある気がする…と思いながら1枚撮影。
CM150913-163217003-resized.jpg

日本庭園があり、そちらを散策。
園内では結婚式後の写真撮影が行われておりました。


と、ここまで駆け足で美術館・博物館をハシゴしてきたら結構な時間に。


次に大きなショッピングモールである、The Galleriaへ行くのに、
どうやって行くかでダンナとケンカ勃発!

ダンナは
「一度バスでホテルへ戻ってホテルからタクシーでGalleriaへ行く!」
と豪語してるんですが、下の地図を見ていただくとわかるように、
ホテルへ戻るより、直接向かった方が明らかに近いのよ。



「ダウンタウンの宿泊しているホテルに戻るより、
 さっきこの近くにホテルがあったんだから、そこでタクシー呼んでもらって
 直接行けばいいんじゃね?その方がタクシー代も安いし。」とワタシ。

なんだか納得していないようでヤケクソ気味でしたが、
シブシブ近くのホテルに行ってみたら、ちゃんといるじゃないですか、タクシーが。

ふっふっふ。
ワタシの勝ちじゃ!と思いながらタクシーでGalleriaへ。

めっちゃ広い。
いろいろ買いたかったんですが、アメリカ国内線での移動が控えているため
荷物の重量が気になり、ほとんど買い物はせず。
せっかくなのでここで夕食を取ることに。
といっても日曜夜7時に営業しているお店はGalleriaの中でも限られており
Cheese cake factoryのお世話になることにしましたよ。
(ピンボケですが面倒なのでスマホ画像のままでご勘弁ください)
CM150913-192038001-resized.jpg
CM150913-194026001-resized.jpg
CM150913-194031002-resized.jpg
CM150913-194036003-resized.jpg

お酒を頼んだらワタシ、「ID見せよ」と言われちゃったわー。
しかもダンナには、「あ、キミは見せなくていいから」となwww
なかなかおもろいウエイターさんでした。

その後はGalleriaでちょうどお客さんを降ろしたタクシーに乗り
無事にホテルへ戻ったのでした。
かなり歩いたのでこの日はクタクタ。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅に出たのです ー3日目ー [旅行]

ヒューストンで過ごすのはあと2日。

この日はNASA近郊を離れ、レンタカーを返却しダウンタウンに宿泊することにした。

せっかくなので、Immigrationのお兄さんに教えてもらった
Kemah Boardwalkに行ってみることに。

ホテルからは車で15分ほど走っていくと、こんな橋が見えてきた。
CM150912-093456001-resized.jpg

到着。
CM150912-100455001-resized.jpg
ビールフェスタ開催中。車なので飲めないけど(涙)

ここでも駐車場7ドル。
まだ開園前だったので人もまばら。
遊園地になっていて、木製ジェットコースターやアトラクションもある。

さっき通ってきた橋はこれ。
CM150912-095109002-resized.jpg

ボードウォークを歩いてみるとレストランがたくさんあるので
のんびりお茶や食事をしながら、ボーっと湾を眺めるのもいいかも。
ただまだ営業前だった。(汗)
CM150912-094357004-resized.jpg

駐車場にはこんな車がいっぱい。
CM150912-100631001-resized.jpg
車好きの人なら興奮するんでしょうが、うちらは「へぇー」ぐらいで終了(笑)

スタバで朝食後、あっさりKemahを離れDowntownへ。


1時間ほど運転した後、ヒューストンアストロズの本拠地、
Minute Maid Parkのスタジアムツアーに参加することに。
このツアー開始時間が決まっているのでKemahの訪問時間が営業時間前になったのだよ。

スタジアム周辺の駐車場に車を入れ、当日その場でスタジアムツアーのチケットを
買ったのですが、よゆーだった。

CM150912-123305010-resized.jpg
雨が降ると屋根閉まるらしい。

ゲームがある日は選手のロッカールームや記者会見場が見れたりするらしいが、
この日は試合がないので、観客席や記者席を見たり、
グラウンドに降りて球場内を歩いて1周。

ブッシュ元大統領夫妻が大のアストロズファンで、試合のある日は1塁側の
最前列20席ぐらいをブロックして婦人と2人でしょっちゅう観戦するのだとか。

ベンチでの写真撮影もあり。(今回は載せないけどw)
選手がベンチで立ったまま柵につかまったまま試合を見ている画
(こんなの→http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/74/0000220674/64/img20301a0fzik9zj.jpeg
をよくテレビで見るけど、実際やってみたら顎が柵の上に出ない(笑)
みなさん背が高いのよね。

グラウンドからみると大スクリーンはさらに大迫力。
CM150912-130437013-resized.jpg

他球場のスコアを、今でもこんなアナログなスコアボードで表示しているのだとか。
CM150912-131045020-resized.jpg

今では電光掲示板がほとんどなので、珍しいけれど、
裏でバイトさんがスコアをせっせと変えるんだって。時給10ドルって言ってたな。(笑)
CM150912-130755016-resized.jpg

1時間半でツアーは終了。


車で5分程走りHyatt Regency Houstonへチェックイン。


スタッフはめちゃめちゃ丁寧。建物もキレイそう。

で、チェックインして部屋に入ってみたら…。

ク、クサイ!

カビ臭いのよ、部屋が。
部屋はそんなに汚くないんだけど、いかんせんカビ臭い。

ルームチェンジしようかと思ったけど、荷物だけおいてすぐ出ると思ってたから
車を入り口に置いたまま。
10分で戻るって言っちゃったからとりあえずそのまま車へ戻ることに。

ホテルにはAVISのカウンターがあるのですが、
ダウンタウンの週末ゴーストタウン化の影響を受けて、なんとカウンターは
13時でClose。

仕方なくGeorge Bush Int'l Airportまでレンタカーを返却しに行き、
空港からは乗合バスのSuper Shuttleでホテルに戻ることに。

バスの乗員はうちら夫婦を含めてたった3人。
これは予想外に早くホテルに戻れるのでは?と思っていたのですが
もう1人のお兄さんの家が遠いの、なんの。

なんだかわからないところまで行った後、ダウンタウンのホテルへ。
結局1時間半ぐらいかかったかな。
運転手さんには「時間かかってごめんねぇ。Houstonは街が広くて…」なんて謝られちゃった。
まぁ急いでなかったからいいんだけどね。
なのでお急ぎの方には、値段は$60-70かかりますがやはりタクシーがオススメ。


ホテルの周りにはレストランやお店もほとんどなく、人もまばら。
仕方なく土曜夜でも営業してそうな、こちらまで10分程歩いて出かけました。

そうです、あの牛角ですわよ。
CM150912-172232001-resized.jpg

17時だけどまだランチがあったので、ランチでこちらをいただくことに。
CM150912-174040001-resized.jpg

店内は日本人を含むアジア系の方々たくさん。
店員さんも英語で接客するものの、注文した後は聞き取りにくい日本語で
「注文いただきましたー」と大きな声で叫んでくれます(笑)

ポン酢ダレなんかもあるし、味噌汁も海外にしちゃー、まぁまぁなお味。
なにより良かったのが接客。
ここは日本式というのか、ものすごーく丁寧に接客してくれました。
あがりにほうじ茶も出してくれましたよ。

お店の外に出たら
やっぱりホームレスが寄ってきて「お腹すいた」とか言われたり、
ほとんど人がいなくてちょっとビビったけど、
19時ごろでもホテルまで歩いて帰れました。

そんなわけで3日目終了。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅に出る前に ーヒューストン観光ー [旅行]

ちょっと話は前後しますが、
今回の旅行で一番困ったのがヒューストンの情報集め。

ヒューストンは全米第4の都市です。
成田からの直行便もできたわけですが、
やっぱりビジネスの街で、観光にはマイナーな土地。

私も、「ヒューストンに行く」って友達に言ったら
「何があるの?」と何人に聞き返されたことか…(笑)

そんなわけで、ガイドブックにほとんど掲載なし。

地球の歩き方だと、分厚い「アメリカ」本に
ホテル情報含め4-5ページしか情報が掲載されてない。

海外の旅行者におなじみのLonely Planetも買ってみたけど、
これじゃ地図が全然役に立たない。

いつもは大手旅行会社が出しているツアーパンフなんかを参考に
行き先を決めたりするのですが、ヒューストンのツアーなんて
全然見つからなかった(笑)


そんな状態なので、
NASAに行くのは決まっているけど、残りの日をどう過ごすか…。
と悩んでいる方が多いのではないかと思います。



交通機関のメインはやっぱり車。
バスはそこそこたくさん走っていますが、夜などは治安の問題もあり
やはりタクシーの方がよさそう。
ダウンタウン近辺にだけ路面電車(Metro Rail)が走っています。

現地の人と話したけれど、現地の人も嘆くほど街はとても広く
TripAdvisorを見てもオススメの観光地があちこちに点在。

しかもヒューストンの人の運転は荒いとか…。
(実際ダウンタウン近くや空港近辺のFree wayはちょっと怖かった)



最初、路面電車(Metro Rail)を拠点にしようかと思い、
Metro Railの停留所や観光地の場所をGoogle Mapで探しつつ、
ホテルの場所を決めようと思ってやってみたのだが、
観光地が点在しているので
縮尺を変えながら広範囲をみなければならず、
全体のイメージが全くつかめず。

車で動くなら、事前に地図を買っておこうと思い
ネットで注文するも在庫切れでキャンセルされてしまう始末…
と事前の情報入手はめちゃめちゃ苦労した(汗)

なので、レンタカーで動くか、Metro Railとタクシー・バスで動くかは
ギリギリまでかなり迷いました。

結局カナダ在住の友達に頼んで郵送してもらっていた地図がかなり役立ったけど、
それでも不安で、自分でこんな地図を作ってみた。

路面電車(Metro Rail)の停留所やTripAdvisorやLonely Planetの情報を元に
行きたい場所、(今はほとんど消してしまったけれど)評価がよさそうなホテルの場所
を地図に入れてみました。



これからヒューストン観光へ行こうと思っていらっしゃる方の
少しでも参考になれば…。


ちなみに週末のヒューストンダウンタウンは店もお休みor早く閉まり、
人もまばらでゴーストタウンとなりますので、宿泊日にはご注意を。
(それでも最近は以前よりはマシになったそうですが。)

治安はCrime Mapなんかを
参考にどうぞ。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅に出たのです ー2日目ー [旅行]

この日はNASA Space Center Houstonへ。
アポロ13で指令室だった、あの「Houston」です。
DSC02762-resized.JPG
CM150911-103011002-resized.jpg

ホテルから歩いて5分ぐらいなのですが、雨なので車で行くことに。
駐車場代10ドル取られた。(汗)

駐車場に入ると、どーんとB747とスペースシャトルがお迎え。
CM150911-165148001-resized.jpg

こちらでは並んでトラムツアーに参加するのが一般的ですが、
せっかく行くのだから、と
日本から事前にLevel9ツアーというのを予約していきました。
これです↓
http://spacecenter.org/attractions/level-9-tour/

ちなみに。
なぜか予約時、日本のクレカ(Visa)だとエラーになって予約できず。
仕方なくUK発行のクレカで予約したらようやく通った。
エラーの原因も表示されず、結局なんでダメだったのか理由はよくわからず。


1日12名限定のこのツアー。
(といいつつこの日は2ツアーあったので24人でしたがw)
お値段も結構するし、英語ガイドOnlyですが、
通常のトラムでは入れないような場所まで入れてくれるのです。
(ちなみにもう1日分の入場料も付いてくるので2日間NASAに行かれるよ)


集合時間。
このおっちゃんがやってきてガイド開始。
CM150911-133018001-resized.jpg

聞き取りやすい英語なのは助かったけど、最初
いきなり全員自己紹介させられてちょっとビビった(汗)
ツアーに参加していたのはドイツ人4人、日本人うちら2人、あとの6名はアメリカ人。
なので英語が不自由なのはうちら2人のみ(汗)

専用バスで10分ぐらいの場所まで移動。
CM150911-113609002-resized.jpg

巨大ロケットを見学したり、いろんなものを間近で見られるのだ。
CM150911-140719001-resized.jpgCM150911-134314005-resized.jpgCM150911-140200002-resized.jpgCM150911-141403007-resized.jpg

トレーニングセンター。
CM150911-113342001-resized.jpg

ここのプールでは無重力に似たような状況でさまざまな訓練が行われているそうで。
日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんがちょうど訓練中だった。
CM150911-115803001-resized.jpgCM150911-114752007-resized.jpgCM150911-114913010-resized.jpg

お昼は職員専用のカフェテリアで無料ランチ。
メニューはピザ、パスタ、サラダ、サンドウィッチなど。

Houstonの施設で働いている人のうち、
NASAの職員は3割ぐらいで、あとの7割は外注さんだそう。
働いていらっしゃる日本人らしき方も何人か食事してた。

ガイドでは、HoustonのNASA施設の土地は地主さんから1セントで
政府にリースされているとかいう興味深い話もあり。
(出ていかれても困るけど無償も何なので1セントなんだとか。)

コントロールセンターへ。
CM150911-142858001-resized.jpg

現在のコントロールセンター。
CM150911-143000002-resized.jpg
この日の夜にソユーズの一部が帰ってくる?とかで、ちょっとワチャワチャしてたかな。

こちらが、アポロ13号のときのコントロールセンター。
CM150911-153452002-resized.jpg
時代を感じるwww


で、ガイドのおっちゃん、
みんなから質問されているのになかなか素性を明かさない。

もったいぶって何なんだ?と思っていたら旧コントロールセンターでようやく判明。
どうもアポロ号のときのエンジニアだったそうで。
旧コントロールセンターではたばこの煙がすごかった、とかの小ネタや
アポロのときになんとかさんと一緒に撮った写真をたくさん紹介ししつつ
最後に、
 僕が出した本をサインつきで20ドルで売ります!
というセールストークに持ち込み
みごとバスの全組から1冊ずつ、本の売上をあげていったのでした(笑)

ツアー時間は6時間。
一生懸命英語を聞こうとしたけど難しい単語も多く、
ちゃんと理解できたのは半分くらいかしら(汗)
終わった後は頭が疲れすぎて頭痛が起きました(笑)

でも楽しかった!

ヒューストンに行くならおそらくこのNASAには行くでしょうが、
ぜひLevel9ツアーの方に参加してみてください。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行