So-net無料ブログ作成

チャリ [ひとりごと]

買ってみた。

プジョーくん。
15年以上の長い間、今までありがと。
DSC_008801.JPG

Trek 7.4FX WSD ようこそ。
DSC_036201.jpg
ガラスコーティングつき(笑)

ちょっとだけカスタマイズ。
でも、パープルのパーツがなかなか見つからない(泣)
いいのがあったら教えてください。
DSC_009701.JPG

え?どこをカスタマイズしたの?と思われた方は、こちらをどうぞ。(笑)
http://www.trekbikes.co.jp/jp/ja/bikes/road/fitness/fx/7_4_fx_wsd/

トップスピード時の加速感はさすが。
ちと乗り心地硬いけど、慣れの問題かな。

ベッドを変えてみた [ひとりごと]

新築後、半年間悩みに悩んで購入したマットレスが
日本ベッドのシルキーポケット(ソフト)
http://nihonbed.com/products/mattress/silkypocket.html

ポケットコイルマットレスです。

貧乏人のワタシにとっては、結構いいお値段するベッドなのですよ、これ。
ダンナにとっては寝心地最高!のようですが、私には柔らかすぎて合わない。(泣)

1週間ぐらいまではよいのですが、それを過ぎると腰が沈みすぎて腰痛が起きるのです。
ソフトじゃなくて普通のにしておくべきでしたが、
今更交換はできないし、
結構いいお値段したのでもったいなくて捨てることもできず。

何かいい方法はないかと試行錯誤を繰り返すこと3年。
いろいろ頑張りましたがどうしてもダメ。

5万円ぐらいで別のマットレス(使用後の交換可能)を購入しようかと思い
ダメモトでダンナに相談したところ、
「どうせ買ってもまた合わないかもしれないじゃん。
 それなら調整可能なものにすれば?」と予想外に前向きの返事が。

それでたどりついたのが、ウッドスプリングです。

ウッドスプリングって?

名前の通り、細めのすのこがバネのようになっています。
肩はやわらかく、腰はしっかり、お尻はやわらかくというように
個人の好みや体型、寝姿勢によって自分で調整ができるものです。

ウッドスプリングの上にマットレスを敷いて使いますが、
ラテックスマットレスをすすめるところが多いでしょうかね。

もともとウッドスプリングの存在は知ってました。

・センベラ http://sembella.jp/products/bedframe/woodspring.html
・ヒュルスタ http://www.karimoku.co.jp/bed/concept/
・ドルサル http://www.sleep.co.jp/category-frame/

など何社かあって、昔ベッド検討中にショールームに見に行ったりしたのですが、
・フレーム色とヘッドボード形状が好みじゃなかった。(3社とも)
・通常シングルよりサイズが大きくシングル2台が部屋に入らない
 (ヒュルスタ)
・予算オーバー(センベラとヒュルスタ)
という理由で断念した経緯があります。

寝心地ももちろん大事なのですが、
ワタシ的な重要事項は、
手持ちのシモンズのベッドフレームが活かせること

お値段的にドルサルがお手頃なので、調べてみると、こんな感じの
畳や床にも使える、ロール式のウッドスプリング があることを発見。
http://www.sleep.co.jp/category-frame/image/roll/rollws02.jpg

これを手持ちのフレームの上に乗せちゃおうかと思っていたのですが、
調べてみるとロール式じゃなくても、
カスタマイズでサイズ特注対応できる可能性が浮上。

手持ちのベッドフレームの寸法と写真を手に
ショールームに行って話を聞いてみたら、
希望通りカスタマイズができるとのことだったので、
その後何回かメールでやり取りし、結局こちらに決めちゃいました。

特注なのでお金は一括前払い。到着は2週間後でした。


使ってみた

ウッドスプリング単体。
DSC0121001.JPG
5本が調整可能。
え、5本しか調整できないの?と思っていたのですが、
肩の部分はかなり薄くて柔らかい木を使用しているので、かなりしなる。
足元は普通ぐらいのしなり具合。
私は横寝が多いので肩をもっと柔らかくしたいときは、
肩の部分を1本抜くことでもっと柔らかく感じます。

手持ちのフレームに入れるとこんな感じ。
DSC0160201.JPG

ウッドスプリングの足はつけなくても
ちゃんと手持ちのフレームに収まるのですが、
強度を考えて足をつけたまま手持ちのフレームに乗せました。
DSC0159001.JPG

ウッドスプリング、真ん中が盛り上がっているのわかります?
真ん中がいちばん高くて左右に向けて下がっています。
DSC0159901.JPG

ラテックスマットレスとセットで購入される方が多いようですが、
ワタシはとりあえず手持ちのもので様子を見ることにしていて、
 高反発マットレス5cm+ムアツ敷布団+ムアツパッド
を乗せています。

寝心地ですが、前みたいに朝起きて腰や背中が痛くなることもないですし、
ちょっと違和感があるときは、自分で調整することで
違和感解消できてます。

なおカスタマイズ費用は、本体代に+15000円。

当初考えていたより安くあがったし、
何より硬さの調整ができるので、別の物を新たに買う必要もないわけで。
個人的には買ってよかったかも。

あ、マットレスが薄いと、横になると木の感触が結構わかります。
なので、ラテックスがいいのかどうかはわかりませんが、
それなりに厚めのマットレスが必要だと思いますよ。
(なので私は3枚重ねw)

小旅行@レッドブル エアレース観戦<Redbull Airrace 2015 in Chiba> [旅行]

今回のメインイベントはこちら。
レッドブル エアレースでございます。
http://www.redbullairrace.com/ja_JP/event/chiba-2015
http://l-tike.com/redbullairrace/

飛行機のF1ともいわれているこちらのレース。
F1好きなダンナが行きたい!と言いだし先行発売で早々にチケットを購入して行ってきました。

一番高い席は30万円ですが、もちろん我が家にはそんなお金はなく…(泣)

我が家はBエリア。
area map.png

Google Mapだとこのあたり。
AreaB map.png


Bエリアでも15000円です。(2日券・1人あたり)

そんなに安いわけでもないので、座席表はどうなっているのかな?と思い
開催4日前にOfficial HPを見てびっくり。
・ラウンジ席を除く全てのエリアは座席なし。
 (って砂浜で鑑賞しろってことか!)
・飲食物の持ち込みは禁止。
・レジャーシート、椅子の持ち込みも禁止。
 (ただし中でレジャーシートは販売するとのこと)
・雨天でも傘は禁止。
・入場時手荷物検査あり。
・途中退場したら再入場不可。

えぇー!砂浜に直接座れってこと?雨でも?
思わず、「マジかー!」と声が出てしまうほどでした。

しかも
・「入場は先行販売→2日券→1日券の順で行なう」と
 チケットに書かれているものの自分のチケットが先行販売であることが
 チケットを見てもわからない。誰がどうやって認識するのか不明。
・入場方法についての詳細説明なし。整理券くばるのかどうかも明記なし。

てなわけで、わからないことだらけです。

しかも日本で初開催なので、
裁判にまでなった2007年富士スピードウェイF1の時のような事態になるのではないか、
ヒヤヒヤしながら当日を迎えました。


レース1日目(予選)はあいにくの雨。
1日目も2日目もダンナが先に行って、
席を確保してくれることになりました。(やさしいわ~)

ダンナは8時に舞浜のホテルを出発。
9時に会場に到着し、10時の開場を待って、開場と同時に場所確保。

ワタシの方はというと…
1日目は雨ということもあり、
「レース開始が遅れているので、ゆっくりで良い」
と言ってくれたダンナに甘えて13時にホテルを出発。
海浜幕張から20分ぐらい?歩いてようやく14:30頃会場に到着。

2日目は10時ホテル出発。11:30会場到着。

いずれも私は重役出勤です。ハイ。(苦笑)


Bエリアの前方はこんな風に防波堤というかテトラポッドが5段程、階段状に置かれていて、
AreaB detail.png
ダンナが取っていてくれた席は2日間ともこの防波堤の上。
つまり砂浜や芝生の上ではなく、コンクリの上に座ることができました。
ダンナさまが頑張ってくれたおかげです。


レースは迫力あるし、見ていてとても楽しい!かっこいい~!!
やっぱりCHALLENGERクラスとMASTERクラスのフライトではレベルが違う!

CM150517-120631005.jpg

CM150517-120608003.jpg

CM150517-120534001.jpg


が、初回開催とはいえ、運営がひどすぎました。

<飲み物・食べ物の店が少ない。(飲食持ち込み禁止なのに!)>
特にひどいのが飲み物。1か所しかないんです。
しかも3列で受付してるだけ。
1日目は雨だったのでそうでもなかったですが、2日目は25℃を超える暑さ。
飲み物を求める人の列が100m以上できていました。

<飲み物が高すぎる。(飲食持ち込み禁止なのに!)>
売っているのは、
 水(クリスタルガイザー500ml)
 オレンジジュース
 レッドブル各種(ノンアル・アルコールとも)
 ハイネケン缶 のみ。

 しかも水、オレンジ、レッドブルが500円。
 ハイネケンが600円。

 ハイネケンはいいとして、クリスタルガイザー1本500円て高すぎじゃね?

<飲み物売り切れ発生>
Bエリアはそうでもなかったようですが、
他のエリアでは水とオレンジが売り切れで補充なしだったとか。
熱中症対策にこまめに水分補給を!とDJが繰り返し話していましたが
買えねーじゃねーか!!!
倒れちゃうよ、マジで。(実際救急車も来ていたらしい)

<グッズがバカ高い&売り切れ続出>
Tシャツかキャップを買おうかと思ってましたが、こちらも売場が1か所。
Tシャツ5000円だったかなぁ?
ポロシャツ8000円、パーカー16000円だった気がする。値段が高すぎ。
しかも1日目早々に売り切れ続出。
2日目に補充されてるかな?と思ったけど、結局売り切れのまま。

<係員が少なすぎる>
1日目はトイレ(ぼっとんデス)に係員がいなかったので、
早い時間帯はトイレが大混雑だった様子。(私が行ったときはもう空いてたけど)
2日目には係員配置されてましたが。

飲食購入の列には結局列を整理する係員はいなかったので更に大混乱。

<会場整備ができていない>
防波堤に座りきれなかった方は、
その後ろの芝生(というか”すすき”がボーボーに生えているところ)に
レジャーシートを敷いて体育座りで観戦しておられました。

多数の人に踏みつけられた、すすきの綿が会場中を舞っていて
マスクがないとマジで体に悪そうな状況。
スタイリング剤を髪につけている方は特に、髪の毛に綿がたくさんついて
髪が真っ白になっている方もいらっしゃいました。(苦笑)

係員が少ないのにロープなどが張っていないため混乱続出。
防波堤の最前列は満潮になると、波が押し寄せてびしょ濡れになるため
途中で席移動を余儀なくされる方多数。
2日目はロープ張ってましたが、
ロープの後ろに座っていても満潮時はびしょ濡れ。
だったらもっと後ろにロープ張りなさいよ、運営さん。

干潮時と満潮時だとこんなに変わるんですよー。 11295549_825947927491201_5067621021101721706_n.jpg
通路を示すロープがない。
コンクリで舗装されている通路の上にも座っている方が続出。
防波堤にも通路と思しき箇所が何か所かあるのですが、
そこの防波堤出入り口からコンクリで舗装されている通路までのロープがないため、
食べ物やトイレに行くために後ろへ行くと、戻ってくるのが大変。
人のレジャーシートの隙間を見つけて歩かなきゃいけないし、
通路近辺に座っている方が、「あ、かばんの紐踏んだ!」となどと憤慨していたり。

せめて通路を示すロープぐらい張って置いてほしいし、通路には座らないように
会場整備してほしかったわ。

<入場方法が不明確>
入場すると、ストラップを渡されました。
2日券の方は次の日も同じストラップで確認するので「絶対に外さないように!」
という注意喚起が会場でありました。

が、1日目の夜、ホテルでまったりしていると、チケ会社から
「2日目もチケットの半券を忘れずに持参するように」というメールが。

えぇー?今頃それ言う?
会場で言ってくれれば大事に保管しておいたのでしょうが、
既に捨ててしまった方もたくさんいたのでは?
結局チケットの半券なんて確認してませんでしたけど。

入場順も、先行販売→2日券→1日券の順と、
チケ会社からも当日現場でも係員から話があったにもかかわらず、
結局そんなのお構いなしで並んだ順に入場。
なんだかはっきりしないなー。もう。

<ビジョンが少ない&音が聞こえない>
エアレース、ワタシ今回初めてみました。
なのでルールとかよくわかんなかったんです。(後でパンフ買いましたが)
1日目はまだ空いていたのでビジョンも立てば見えたし、
DJによる実況・解説も聞こえたのですが、
2日目はお天気がよかったこともあり大混雑だったため、
立ってもビジョンは見えないし、音もほとんど聞こえませんでした。

ビジョンを各エリア2つずつ設置して、スピーカーももっと増やすとか、
もしくはDJの実況をリアルタイムでスマホなどで聞けるようにしてくれると
初心者でももっと楽しめたかな。

<手荷物検査は???>
熱中症にでもなって倒れたら大変!と思い、
ルール違反承知の上、没収されるの覚悟で
レジャーシート、椅子、食べ物、飲み物は持ち込んでいました。
結局レジャーシートはちゃんとオフィシャルのものを購入しましたし、
椅子も使用しませんでしたが、食べ物と飲み物は大変役立ちました。
(ルールをちゃんと守っていた方にはホントに申し訳ないです。)
が結局、手荷物検査は実施せず。

1日目は入場時、「かばんに入っていればOK」という話もあったり、
普通に持ち込んだものを飲んだり食べたりしているのを係員が見ても見ぬふり。
持ち込めないからと、入場入口横で持参したおにぎりなどを食べている方も
たくさんいらしてホントにお気の毒でした。

ブルーシートを巨大なスペースに広げていても特に係員が注意することもない。

持ち込んでいる人がかなりいたあの状況で、
飲食店にはあれほどの長蛇の列ができていたので
ホントに全員持ち込まなかったらどうなってたんだ?と恐ろしくなりますが。

実施しないなら、「手荷物検査あり」って書くなよ。
そしてホントにやるなら、
飲食店の数や量はもっともっと増やさないと絶対ダメです。

と私が感じた運営の問題点はここまで。
いろいろありますなぁ~(苦笑)

ただ、運営さんの名誉のために書いておきますと、
運営さんも改善しようと努力していた点はちゃんとありまして、
1日目はなかったトイレの手洗い場が2日目にはちゃんと設置されていました。
また1日目にはなかった海際のロープも2日目にはちゃんと設置されていたり。
(満潮まで考慮されていなかったので、ちょっと片手落ちだったけど)
と、頑張っていらしたことは認めます。


帰宅して夜、エアレースのTV放送を見ましたが、
実際の迫力や音は本物には劣るものの、
肉眼では決してみることができないアングルからの映像や
飛行中のスピード、Gの数値、角度違反などが細かくCGで表示されていて
正直言って現場で見るよりかなりわかりやすかったです。(苦笑)

レースは楽しかったですが、
それ以外がグダグダすぎて、ぐったりしてしまったので
もし、「もう1回行く?」と聞かれたら、「私はTVで見たい!と言ってしまうかも…。(苦笑)

また来年、再来年以降も日本で開催され、
運営が大幅に改善されるようなら、また行きたいかな。

頑張れ、運営!


そして室屋さん、応援してますー!

長文失礼しました。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小旅行@夢の国&ヒルトン東京ベイ [旅行]

ものすごーく久しぶりに千葉(東京?)の夢の国(海側)に行ってきました。

夢の国にはちょっと苦い思い出もあって、
ホントは10年ぐらい前に知人からもらった夢の国1日券を使うべく、
夢の国近辺に前泊していたのですが
夜中に突然ダンナが腹痛を訴え、眠れない上に、気持ち悪いとまで言いだしたので
「もしかして…」というイヤな予感がしていたワタシ。
この日は土曜日だったので、とりあえずAM中に病院に行かないとと思い、
夢の国そっちのけで、ホテル近くの病院を紹介してもらい診ていただいたところ…
「盲腸です」という診断。

結局夢の国を目の前にしつつも訪れることができず、
タクシーで舞浜から25000円かけて帰宅し、
病院へ直行→ダンナは手術 となったのでした。

てなわけで、前回行ったのはもう15年ぐらい前でしょうかね(^^;

といっても、今回は夢の国訪問がメインの目的ではなかったので
ホテルにチェックイン後、アフター6で入園。

しかし入場料金値上がりしましたなぁ。
アフター6でも1人4200円ですよ。高えーーーーー!

入園したらまずは食事しつつビールw

その後パレードが始まったので少し見ていたのですが、
いまひとつ興味をそそられない…。
なぜ?と考えたのですが、ようやく理由がわかりました。
何せ出てくるキャラが何なのかわからないのですよ。
ワタシが浦島太郎すぎたのかもしれん。とほほ…。

妹から
「最近は値段が高いのに混んでいて
 ほとんどアトラクションに乗れないらしい」
という話を聞いていたので
できるだけ元を取ろうかと、アトラクションに乗れるだけ乗る作戦に変更。

食後だったので、アトラクションの動きにやられ、
若干気持ち悪くなりながらも頑張りました。

結果:アトラクション5個達成!

夕方から入ったにしては結構乗れた方じゃないですか?
平日だったせいか、それほど混んでいなかったのと、
パレード中だったこともあって、
どのアトラクションも5-10分待ちですいすい乗れちゃいました。
平日のアフター6いいかも。

閉園までいた後、ホテルへ。


ダンナが海外出張でコツコツためたヒルトンポイントが期限を迎えるので、
ポイントで2泊分無料で泊まってきました。

取った部屋はセレブリオ

10Fのオーシャンビューのお部屋でした。
部屋からは東京ゲートブリッジが見えた。渡ったことないけど(笑)
DSC_0093.JPG

朝の干潮時。
こんなに浅瀬になるとは知りませんでした。
潮干狩りできそうね。
DSC_0092.JPG

部屋からは飛行機がたくさん見えました。
Flightradar24<http://www.flightradar24.com/>を見ながら
外を見るのもまた楽しかったりして。


部屋ひろーい!
エキストラベッドが1台余裕で入るぐらいの広さ。
Wifi無料
冷蔵庫内のドリンク無料
(中身はミネラルウォーター2本、250mlのコーラ、アクエリアス、ファンタオレンジ、ファンタグレープ1本ずつ)
フィットネスジム無料(でも聞いてなかったから何も持っていかなかった(涙)

でもベッドが狭い!!幅1mない感じ。
ツインで2名宿泊なのに、
なぜかシャンプー、コンディショナー、ボディソープが1個ずつしか置いてない。
しかも小さい。
2日目に「2つずつ置いて」とメモを書いておいたら2つ置いてくれましたが、
セコイっつーの。

1Fのコンビニ(24H営業)はすこぶる便利。
デリもなかなかおいしかったです。
そして何よりいいなと思ったのは、スタッフの対応。
さすが夢の国オフィシャルホテルという感じで、話し方が夢の国のスタッフさんと同じw
フロントスタッフはもちろんのこと、バスの運転手さんまで、
本当に親切丁寧で感じがとてもよいという印象を受けました。

さてメインイベントは次の日から。
早く寝ないとと思いつつ、いろいろとやってたら寝たのは3時。
起きれるかな?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。