So-net無料ブログ作成
検索選択

格安ヘアカラーに行ってみた [美容・化粧品・アロマ]

悲しいかな、年齢的に白髪がちらほら (´・ω・`)

いつも通っている美容院でカラーもしてもらっていたのですが、
別にカリスマ美容師のサロンってわけじゃなく、田舎の美容室なのに
カット・カラー・パーマを1回でやると18000円。
値段も高いがパーマもカラーもいっしょにやると待ち時間が長くて疲れる。

染めても3か月に1回ぐらい染め直さないとまた白髪が目立ってくるし
コスパが悪くて仕方ないっ!

セルフカラーはちゃんと染まらないし、準備や片付け面倒だし。

というわけで、カラーだけなら格安でいいか、と思い調べてみたら
近所にありました。

クイックカラーQ

全体染め:2500円!
根元のみ:2000円!

(私は今ショートなので関係ないけど)ロング料金なしの一律。
シャンプー込み。

安い!

まずは予約。
結構混んでいて、店頭で予約すると30分以上待つことになりそうなので
ネット予約がオススメかも。
実際、今日はネット予約で一番早くて1時間半後の予約しか取れませんでした。

お店に入ると券売機でチケットを購入。
両替はできないので1000円札をあらかじめ準備する必要あり。

荷物は自分でロッカーに入れ鍵は自分で保管。

席につくとケープなどをかけてもらい、紙を渡されました。
・これまでにカラーでかぶれたことやトラブルが出たことはありますか?
・パッチテストはしますか?
と質問と注意書きが書かれており、読んだらサインを書き込む。

その後、色を決める。
格安なのでどうかなー?と思ってましたが、色の相談にもちゃんと応じてくれました。

私はマットブラウンの3というのをチョイス。

顔周りにクリームを塗ってもらい、カラー開始。
塗ってる時間はショートのワタシで15分ぐらいかな。
普通の美容院と変わらないぐらいの時間をかけてやってくれました。

その後は生え際と分け目部分に紙を乗せ、
タオルで髪の毛を巻いて中央の丸テーブルへ移動。

丸テーブルには椅子が4つあり、他のお客さんも隣や向かいに座ります。
普通の美容院と違って、熱の機械は当てず、
タオルを巻いた状態で丸テーブルで雑誌を読みつつ待つこと15分。

1回チェックされた後、再び10分待ち、シャンプーへ。

オートシャンプーです。
仰向けに椅子を倒すとフタのようなものが閉められ、
目にタオルをのせてオートシャンプースタート。
耳に近いので結構すごい音がしますが、服がぬれたりなどはなし。

オートシャンプーが終わると、美容師さんが手で
シャンプー、リンスをしてくれます。

流し終わったら軽く髪の毛を拭いてもらい、ブロー台へ行き自分でブロー。
置いてあるタオル、消毒済みブラシ、ワックスなどの整髪剤は好きに使ってよいので
自分で好きなように仕上げ。

生え際や顔周りにカラーが薄くついていたのが気になりましたが
カラー取り液がブロー台に置いてあるので、自分でそれをコットンにつけて拭き拭きしたら
ちゃんと取れました。

乾かしたらロッカーに預けた荷物を取り、お店を後に。
お店に入ってから1時間ちょっとでした。

安いから少し心配していたのですが、
カラー液が頭皮に浸みるようなこともなく、
髪の毛のパサツキもほとんど気になりません。
(というかむしろちょっとサラサラになった気がするw)
肝心の染まり具合も問題ナシ。

店員さんの応対もよいし、カラー材の持ち込みも不要。

このお値段でこれだけちゃんと染めてくれれば
セルフカラーするより楽で全然いいな、と思いました。

あ、白髪染めだけじゃなくておしゃれ染めもしてもらえますよ。
ただしブリーチやウィービング、メッシュなどには対応してもらえないようですが。

もう少し時間が経って退色してくるとどうなるかわかりませんが、
今は私が思っていたより黒めに染まってしまったので、
次回はもう少し明るい色にしようかと思います。

このお値段なら月1でリピしても全然お財布にイタくないしね。
私はリピ決定です。


--- 後日追記 ---
その後の感想をこちらの記事で書いています。
よろしければ合わせてどうぞ。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

足が痛いのでセミオーダーパンプスを作ってみた [ひとりごと]

母のお見舞いに通いつめていたら、
昨年痛めた足裏(親指付け根)がまた痛くなってきました。
外反母趾&強剛母指で、痛みがあるのは強剛母指のところ。

こんな状態なのと、このところ忙しかったこともありテニスもずっと休んでます。

今年初めに足の整形外科でアーチ矯正のための足底板を作成してもらったのですが、
この足底板、かなりの厚みがあります。

家では、「あゆみ」というメーカーのインソールが交換できるスリッパを購入し
この足底板を入れていますが、問題は外出時。

冬はブーツばかりなので、この足底板をブーツに入れて使えてましたが、
春から夏はブーツを履くわけにもいかず。
パンプスが多くなるわけですがパンプスにこの足底板を入れると
足が靴からはみ出してしまうのです。

足底板を作ってもらった整形外科に行っても、

「パンプスなどは履かないで、インソールが入る靴を履いてください」

と言われるのがオチ。

そりゃー言ってることはごもっともですが、
いくらオシャレに疎いワタシでも
多少はファッションというものを気にするわけで

おばあちゃんぐらいの年齢ならともかく、
今からおばあちゃんのような靴を履くのも抵抗感ありあり。

自分で購入したアーチサポートをしてくれる
高さ控えめのインソールを入れると
足裏は少しマシになるのですが、今度は外反母趾を起こしている
足の甲側がパンプスに当たって痛みが出る。
ペタンコの靴もかえって疲れるし痛い。
足底板なしではスニーカーでも足裏に痛みが出る。
と、何をしてももうどうにもならなくなり、
1万円前後のパンプスを買っては痛みが出ると履かなくなる、の繰り返しで
靴があふれ、最近我が家の下駄箱に入りきらなくなってきました(汗)

で、いろいろ考えた結果、
ここはやはりセミオーダーで靴を作るしかない!と考えました。

だって何を履いても足が痛いんだもん…。
でもフルオーダーは30万ぐらいするので、さすがにムリ!

最初に調べたのはKiBeRa。
9900円でセミオーダーの靴が作れるのは安い!と思ったのですが
左右のサイズ違いなど細かい対応はしてくれず、インソールで対応するように
言われるとのこと。
作った人のブログも読んでみたのですが、結局履かなくなったという方もちらほら。
せっかく作るならちゃんと足に合ったものを作りたいなー。

もう少し調べてみたら、銀座かねまつ にたどり着きました。

こちらは35000円程度しますが、左右のサイズ違いなどにも対応してくれるらしい。
銀座ヨシノヤにもセミオーダーパンプスがあるようですが、こちらはかねまつより少しお高め。

かねまつの靴は10年履いているという方もいらっしゃるようだし、
1万円前後の靴を3足買うことを考えたら、セミオーダーしても
長く使えればいいんじゃないか、と思い
銀座かねまつに決めて昨日母の病院の帰りに行ってきました。

セミオーダーは銀座6丁目本店のみで扱っています。

まずはサイズ計測。
立ったまま、足湯ができそうな楕円形の機械の中に足を入れると自動的に計測されます。

結果、左足は24.5cmに近く、右足は24cmに近いぐらいの大きさ。
幅はEから2Eのぐらい。
ただ問題は、私の場合、足の大きさや幅に比べてかかとの大きさが小さすぎるんだそうです。
「このかかとの大きさだと22cmから23cmの足の大きさが普通です」だってw

左右それぞれいろいろな幅やサイズのパンプスを出してもらっては履いて店内を歩き、
幅はいいけど足裏が痛いと言えば、中敷きをいろいろ変えてくれてまた試し歩き、
足の甲が当たると言えば、違う幅のものを出してもらい…と
あーでもない、こーでもないというのをひたすら繰り返しておりました。

結局2時間ほどかかってようやく決めました。
気づけば21時の閉店間近でしたわ(苦笑)

まずは1足目なのでシンプルに。

革がやわらかく雨に強い牛革・黒のリボンパンプス、ヒール3cm。
就活生みたくなっちゃいそうだったので
リボンと靴の淵は白のエナメル。靴裏も牛革。
中敷きは足が前に滑りにくい素材を使ってもらい、クッション性もUP。
アーチサポートも入れてもらいました。
つま先内側は足の当たりが柔らかくなるよう、ふわふわ素材に。

値段よりデザインより何より、まずは痛くない靴を、と思い
やれるだけやってもらいました。

お値段35000円。
できあがりは8月の給料日ごろ。

もう足が痛くて仕方ないので、早くできないかなー。
できあがりが楽しみ!!

もちろんできあがってからも痛ければ細かい調整は何度でもしてもらえます。

できあがったら結果報告をまたブログにUP予定でございます。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

目が回るぅー(◎д◎; [ひとりごと]

目が回るような忙しさの日々でなかなか更新できませんでした。

<漢方外来初診>

これまで1年程新宿の漢方に通ってきたけれど
足の冷えは解消されずあまり効果が出ていない気がしたため
クリニックの漢方外来初診を受診しました。

触診や問診から
・足が冷えるのは内蔵が冷えているため
・就寝時間が遅すぎ
・甘いもの取りすぎ 
と、ぐうの音も出ない程いろいろと痛いところを指摘され、
しかもこれまで体によいと思っていた生姜も取りすぎはダメ、
ドライフルーツは砂糖がたくさんなので冷えによくないと言われて目が点になった。

結局、
・ツムラNo34:白虎加人参湯
・ツムラNo35:四逆散
・石膏 をお湯に溶かしてお茶代わりに飲むような薬を処方されました。

この石膏が結構くせもの。
(石膏なんか飲んで胆石とかにならないのかしら…?)
なかなか溶けないので飲みづらいし、他の薬の味がマズイ。

が、頑張って飲んでます。
そういえば少しだけ足が冷えづらくなってきたかもしれない。



<ボーン>

去年デビューしたセラピストさん。
いつも『お肌キレイですねー』と褒めてくれるのですが
このセラピストさん、施術中に忘れちゃうことがいくつかあるのが気になる。
過去のトラウマからスネの真上の施術は避けてもらうようお願いしているのですが
施術されそうになり思わず大きな声をあげてしまったり、
いつもやる施術を抜かしたり。
世間話もいいけど、基本は施術の確実さだからねぇ…。


<お見舞い連チャン>

7月半ばから臨床試験対象の薬を使うため入院している母。

母は日本一頭がいい大学の附属病院に入院しているのですが、
日本一頭がいいセンセイ達も話すと結構普通なんですねー。

これまで勝手に抱いていたイメージ
(勉強ばかりしてきたので人間味がなくデータにばかり興味がある、とか
 高圧的なセンセイばかりのイメージ)がいい意味で覆されました。

入院でお世話になっているセンセイは
ものすごく物腰やわらかいし、カルテだけじゃなくて患者のこともちゃんと診てくれている印象。
家族にも細かく状況を説明してくれるし、説明の後は必ず
「何か質問とかないですかー?」と聞いてくれるし、
アホな質問してもイヤな顔ひとつせず、丁寧に答えてくれる。

ICUでお世話になった女性のセンセイは、母を見かけると
遠くからでもいつもニコニコして大きく手を振ってくれたり、
「食事あんまり食べれてないんだってね。担当の先生に言ってあげようか?」
と気遣ってくれたり。

ホントいいセンセイばかりで、ありがたい限りです。

でもセンセイ達、みんな若い。
25-30歳ぐらいのセンセイが多いので、センセイ達を見ると
(こんなに若いのにセンセイなんだ!)と毎回思わされ、自分も年とったなーと
思う日々でございます。
母からすると孫でもおかしくないぐらいの年齢だからねwww


さて、お見舞いは父と交代でだいたい1日おき。

これまでは15時頃から20時頃まで病院にいればよかったのですが、
母が帯状疱疹にかかっちゃいました。
膠原病の人は比較的繰り返し帯状疱疹になっちゃうことがあるらしいですが、
幸いにも母は初めて。
めちゃくちゃ痛いみたいですねー、これ。

痛さがある上、気力もなくなっているのか
風邪っぴきになる前の父が帰るときに泣かれちゃったらしく…。

こんなときに父が夏風邪を引きやがりまして
免疫力が低下している母に会わせると大変なことになりそうなので、
父は戦線離脱。
母は全く食欲がなく、誰か横についていないとほとんど食べないのだ。

仕方ないので私がお見舞い当番を引き受けることになったのですが、
結構やることあって疲れるのですよ。

11時前に家を出て1時間ちょっとで病院へ。
母の昼食の世話の後は水筒のお水を取り替えたり、売店に買い物に行ったり。
シャワーの手伝い、髪の毛を乾かす もしくは 体を拭く。
薬の準備(朝、昼、夜分の分ける。種類多いから結構大変)
病室にばかりいると精神的に母がやられちゃいそうなので
車いすを押しながら病院内を1Hから1.5H程、ぐるぐる散歩。
夕食の見張り(食べるように促すw)
歯磨きなどを見届けてから病院をあとにするのは20時すぎ。

私自身の病院がある日は、昼前に母の病院に行き、
母のお昼が終わると一旦中抜けして自分の病院へ。
自分の病院後、再び母の病院に戻り20時まで病院にいて
その後1時間かけて帰宅。

こんな状況を先週は5日間連続で毎日。

毎日病院と自宅の往復しかしてないから、病室にいても話すことがなくなってくるし
家のことが何もできなくなるので夜帰ってから洗濯して、干してとかやってると
寝るのが遅くなって朝はツライし。
精神的にも肉体的にも疲労困憊。

あまりにも辛くなったので、D10の診察にあわせてクリニックの心理カウンセリングを
受けてきました。


<カウンセリング>

センセイとお会いするのは2回目。

有料覚悟でいたのですが、前回胚移植に失敗したため
無料で受けられるカウンセリングが1回残っていたので、これを使わせてもらいました。
よってタダ。ラッキー(^^)

特に答えが欲しかったわけではなく、話を聞いてもらいたいだけだったので、
「話せる人がいないので聞いてほしいのですが…」と前置きし、
45分間あっという間。

最後「ぜひまた来てください」と言われて「あら、もう時間?」ってなぐらい
ぶちまけてきちゃいました。
でも聞いてもらえただけでもスッキリ。

最後涙をこらえながらある話をしたときに、
センセイも昔のことを思い出してしまったのか
センセイの目もうるっとなってしまい、ちょっと(焦)
思い出させてしまって申し訳なかったなー。


<AIH>

昨日D14でAIH受けてきました。
ダンナは海外出張中なので凍結分を使用。
むくむので、AIH後のルトラールはナシで。
その後はまた母の病院に行きお見舞いしてきましたわ。

ダメもとなので、木曜日には鍼じゃなくてボーンを受けてきます。


てなわけでなんともめまぐるしい3週間でした。
母が退院したら少しは落ち着くかなぁ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感